2016/04/19  亀田リハビリテーション病院・亀田総合病院・安房医療センターを訪問いたしました。

4月19日(火) 亀田リハビリテーション病院・亀田総合病院、更に同グループ内の安房医療センターを見学させていただきました。
千葉県鴨川市にある地域の中核を担っているとても有名な病院です。
最初に亀田リハビリテーション病院の院長井合茂夫先生から病院の特色を伺いました。


井合茂夫先生からのご説明



井合茂夫先生から直接病院のご説明を
頂いているところです




リハビリテーション室をあえて作らず生活をリハビリとする“日中患者様が病室にいない病院づくり”を目標としており、回復期リハビリテーション病棟に力を入れる当院にとって、とても参考になりました。


訓練室 患者様の作品
病棟とリハビリが一体となっており、
病室を出ると廊下が訓練室です
患者様の作品が廊下に展示されています

亀田総合病院では患者様に対するサービスや取り組みのご説明を頂きました。
プラネットという電子カルテの内容、画像所見などを患者様ご自身で、自由に閲覧できるシステムを導入しており患者様サービスへの質の高さを非常に感じることができました。


またクリニックでは職員と患者様の導線を考慮した建築設計、各階毎にコンセプトを設けた環境作りを行うことで患者様を楽しませる環境面へのこだわりなど、多角的視点で患者様を満足させる姿勢がとても素晴らしいと感じました。


クリニックの入口の吹き抜けホール 1階のコンセプトは「海」
クリニックの入口が
吹き抜けホールと
なっています
1階のコンセプトは「海」
天井から沢山の魚が泳いでいました

安房地域医療センターでは、亀田リハビリテーション病院同様に病棟でのリハビリテーションに力を入れており、病棟でリハビリを行っている患者様の姿を多く見受ける事が出来ました。更にその後教育システムや電子カルテのシステムについて拝見しその質の高さに感銘を受けました。


今回の訪問で全ての病院における患者様に対するサービスの質の高さ、病院システムのクオリティーの高さを感じることができました。 更に最も印象に残っている事は、亀田リハビリテーション病院の院長である井合茂夫先生のリハビリに対する思い、患者さまを第一とする姿勢です。 当院もこの刺激を受けより良い病院を築いていきたいと感じた一日でした。
亀田リハビリテーション病院・亀田総合病院、安房医療センターの皆様、お忙しい中ありがとうございました。


PAGE TOP