腰の痛みでお悩みの方

腰部 腰痛は年齢を問わず多くの方が経験する症状の一つです。
加齢によって骨がスカスカになったり、腰周囲の筋力の低下、骨と骨の間のクッション(椎間板)の変性、生活習慣によって骨と骨がズレたり靭帯が肥厚して神経を圧迫し、痛みだけでなく、足の痺れ、排尿障害、足の筋力低下、感覚の鈍麻などが起こります。
その他、病気のサインの場合もあり臓器に病気がある場合の関連痛として症状を呈することがあります。
初期段階(軽い腰痛、張りの段階)で、適切な治療を開始することで症状の悪化や進行を予防することができますので早めに病院へ受診することをお勧めします。


こんな時は当院へご相談ください
  ・  腰の筋肉痛で悩まされている。いつも腰が張っている
  ・  足の感覚が最近鈍くなってきている
  ・  歩いていると段々痺れ・痛みなどの症状が出てくるが、少し休むと落ち着く
  ・  最近足が引っかかるようになり、足にも少し脱力感がある
  ・  日常生活上で痛みを感じることはないが、趣味の運動を行っている時、段々と腰が痛くなってくる


病名  /  診療科から探す
  • 腰痛
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎変性すべり症
  • 腰椎分離症 / 分離すべり症
  • 側弯症
  • 後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症
  • 腰背部 / 臀部 / 下肢の痺れ・痛み・脱力感

PAGE TOP