回復期リハビリテーションにおける当院の特色

    【  毎日の生活がリハビリテーション  】

訓練室で行うものだけがリハビリテーションではありません。この病棟では生活場面全て(起きる、着替える、歩く、食べる、トイレへ行く、身だしなみを整える、お風呂に入るなど)がリハビリテーションと考えて「できることは自分でやる」ことが基本となっています。


    【  365日リハビリテーション  】

この病棟では必要に応じて、各患者さんに毎日2~3時間のリハビリを受けることができます。
積極的介入による、早期退院を目指していきます。


    【  在宅復帰に向けて、最適な連携と自宅退院に必要な体制の調整  】

入院後早期に退院先のご自宅へお伺いし、必要となる動作の調査を行い、目標を設定していきます。
また、退院前に再度お伺いし、ご本人とともに実際の生活にかかわる動作を行います。
そこでご家族やケアマネジャー等に実際に行う動作方法や福祉用具、改修の提案等の確認を行い、実生活に向けて具体的な準備を行います。


    【  ご家族の協力  】

当院スタッフのみだけではなく、在宅の生活に向けての取り組みはご家族様のの協力も欠かせません。
来院された際はぜひリハビリ場面を見学していただき介助のコツを覚えてください。
リハビリスタッフが必要に応じて、わかりやすく丁寧にお伝えしていきます。また病棟でのケアの方法などもお伝えしていきます。
退院前にはお薬や食事についての説明も行いますので、安心して退院を迎えられます。


回復期リハビリテーションの日常





日々の生活、日々の当たり前の日常がリハビリテーション。

リハビリテーションとは、英語でrehabilitationと書きます。re=「ふたたび」、habilis=「ふさわしい、適した」、tion=「すること」という意味です。
つまり、再びふさわしい状態にするといった意味があり、当院の職員全員がチームで患者さんにとって一番ふさわしい状態まで回復できるようにサポートします。当院職員一同は訓練室のみだけでなく、日々の生活動作がリハビリテーションと考えています。


回復期リハビリテーション病棟の日常生活です。リハビリの時間以外に体操や創作活動を行い、離床時間を拡大しています。
また、集団活動は患者さん同士でコミュニケーションの場となっています。
更にリハビリで機能/能力練習行い、足りない部分を補うことで、患者さんの最適な状態(ゴール)を目指していきます。

日常生活リハ風景1 日常生活リハ風景2 日常生活リハ風景3
日常生活リハ風景4 日常生活リハ風景5


機能訓練でより洗練された体作りを目指していきます。

スムーズな動作を行うためには関節の動く範囲や筋力は重要となります。
様々な方法で関節可動域の確保、筋力の増強をしていきます。定期的な評価を行うことで治療の効果を判定し、より良い治療を提供します。

機能訓練リハ風景1 機能訓練リハ風景2


電気治療を併用して鎮痛効果や筋収縮を促したり、緊張している筋肉を緩ませたりなどの効果を狙ってをいきます。
機能訓練リハ風景3 機能訓練リハ風景4


更に生活する基礎となる動作、能力を再獲得していきます。

生活動作の基礎となる体を起こす、座る、立つ、歩くなどの動作を練習することで応用的な動作も可能となります。
ベッドから身体を起こす練習から安全な立ち方や座り方など生活の基礎から指導します。

機能訓練リハ風景5 機能訓練リハ風景6 機能訓練リハ風景7


患者さんの状態、能力に合わせて、様々な環境で歩く練習を実施します。

機能訓練リハ風景8 機能訓練リハ風景9


安全な生活を送って頂くために転倒予防として様々なバランス訓練を実施します。

機能訓練リハ風景10 機能訓練リハ風景11



退院後の生活に対応できるように動作練習していきます。

個々の生活スタイルに合わせて必要な動作の練習を行います。また、退院先の環境・能力に応じて福祉用具の選定と使用法の練習を行います。
実際に患者さんの自宅へ行き患者さんに必要な動作能力と手すりなどの福祉用具が必要の有無を判断します。

自宅退院に向けて、入浴・食事・トイレ・着替えといったご自身の身の回りのことや、家事動作などの練習を行います。

機能訓練リハ風景12 機能訓練リハ風景13 機能訓練リハ風景14

PAGE TOP