一般(急性期)病棟とは?

一般病棟

急性期疾患の治療・回復を目的とした病棟です。
検査・手術が必要な場合や、内科的病気など集中的な治療が必要な時期から安定する時期までの方を受け入れ、早期から必要に応じて理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が、日常生活動作の向上を目的としたリハビリテーションを行い、患者さんの早期退院・在宅復帰を支援します。






当院、一般(急性期)病棟の特色

急性期の治療
急性期の治療

各種疾患 ( 内科、整形外科、耳鼻咽頭科 ) を対照とした急性期入院治療を行う混合病棟になります。
救急搬送患者さんの受け入れや、整形外科、耳鼻咽喉科の手術が必要な患者さんなどの総合的な診察ならびに治療を行っています。


亜急性期の治療

急性期の治療だけでなく、在宅療養や施設入所している患者さんの状態が悪化した場合の受け入れも積極的におこなっています。
他院、施設スタッフからご連絡をいただいた際は迅速に対応いたします。
入院直後から積極的な治療を行い早期の退院を目指します。即日入院にも対応いたします。


手術治療
手術治療

当院は整形外科、耳鼻咽喉科における手術治療を行っています。
一般病棟では手術前後の管理を複数の医療スタッフによるチーム医療で行っています。



リハビリテーション

リハビリ

365日継続したリハビリテーションの提供を行っています。
患者さんの状態に合わせ、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がそれぞれ連携しリハビリを提供いたします。
また、手術後早期からリハビリを行い合併症の予防などを図っています。
手術の内容・創部の回復の状態に合わせ、きめ細かいリハビリテーションを提供いたします。

内視鏡手術後の患者さんに対しては、術後当日より離床を促していきます。
(手術の実施時間や、その他の状況に応じて進めていきます。)


回復期リハビリテーション病棟との連携

急性期治療後も疾患、状態に応じて回復期リハビリテーション病棟での継続したリハビリテーションを受けることができます。
一方、回復期リハビリテーション病棟の患者さんが急変した場合、一般病床への受け入れも迅速に対応しています。



退院支援
退院支援

退院前から事前に、地域連携室スタッフと緻密な連携をとりながら、必要に応じて患者さん、ご家族、関連施設やケアマネージャーも交えて調整をさせて頂きます。



千葉白井病院の特色 (自宅退院が困難な患者さんに対して)

3施設1体型の体制を備えており、急性期からリハビリ、介護、在宅までの絶え間なく包括的なサービスを提供することを目指します。
お子様から高齢者様まで質の高い医療を提供できる信頼される病院となるよう努めております。


当院では急性期から生活期に至るまでの過程を非常に重要視し、幅広く対応しています。
医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、ソーシャルワーカー、ケアワーカー等など多職種で、在宅復帰に向けて積極的に取り組むのみでなく、その後もその人らしく生活し続けていただけるよう、在宅復帰が早期に艱難な患者さんも含めた包括的に継続した支援を提供しております。
今後は、更に在宅生活でも安心して生活できますように、在宅ケアシステムの確立も目指しております。

病院の特色

入院中のご案内について

IDバンドの装着について

安全な医療を確保するために、入院された患者さん全員にIDバンドの装着をお願いしております。
IDバンドは退院時に病棟において取り外し、個人情報廃棄物として適切に処理致します。



お問い合わせ

ご質問、及び詳細については、下記までお問い合わせください。
〒270-1422    千葉県白井市復  1439-2
千葉白井病院    千葉白井病院  047-497-6800  (代表)

PAGE TOP